1 items tagged "ニーサとは?"

結果 1 - 1 / 1

ニーサとは?

Category: その他
作成日 2013年7月28日(日曜)06:24

ニーサとは?

ニーサとは「少額投資非課税資制度」「NISA」とも呼ばれる投資に関する非課税制度のことです。

通常、株式投資をした場合は、株の値上がり益も、配当金も、利益の20%が税金としてかかりますが、これが0円になる非課税制度なのです。

この制度は、2014年(平成26年)1月から開始されます。

もともと、英国のISA(Individual Savings Account)制度を参考にしているため、日本版ISAと呼ばれていたが、公募により「NISA」(ニーサ)という名前に決定した。

この制度は、経済を成長させることと家計の資産形成支援を目的としています。

簡単にいえば、株式投資などの投資の税金を非課税にすることで、企業への資金が集まりやすくすることによって企業活動を活発化し、経済成長につなげようという政府の狙いを形にした政策のひとつといえます。

預金をしても定期預金でせいぜい年利0.5%がいいところの現状では、貯金よりも投資にお金を使いやすくして、家計の資産形成も支援したいという目的も含まれている制度なのです。

ニーサの制度概要とは?

制度を利用できるのは?
  • 日本に住む20歳以上(その年1月1日時点)の方
非課税になる投資とは?
  • 上場株式、外国上場株式、公募株式投資信託、外国籍公募株、上場投資信託(ETF)、上場REIT(不動産投資信託)などの配当・譲渡益
  • ※2016年には国債などの公社債や公社債投資信託も加える方向で検討されている。
非課税になるのはいくらまで?
  • 毎年、新規投資額で100万円を上限とする。
制度が適用される投資可能期間は?
  • 10年間(2014年~2025年)
非課税期間は?
  • 投資した年から最長5年間
途中売却はできるの?
  • 自由にできる。(売却部分の枠は再利用不可)
NISA専用口座以外の口座と損益通算はできるの?
  • 他の口座(特定口座等)で生じた譲渡益や配当と損益通算を行うことはできない。
NISA専用口座で、損失が出た時に来年の損益に繰り越すことはできますか?
  • 損失の繰越控除を行うことはできない。
ニーサが適用される口座開設数は?
  • NISA専用口座は、1人につき1口座に限定されている。
  • ※NISA専用口座を、複数の金融機関で開くことが可能になるような議論がされている。政府は2015年からの複数の金融機関でのNISA専用口座開設を検討している。

ニーサの口座開設の手続き

税務署が交付する「非課税適用確認書(確認書)」が必要。
(確認書の申請手続きは、口座を開設したい金融機関で行う。)

ニーサの口座開設は、銀行や証券会社等で可能。手続き方法は、各金融機関ごとに違うため、確認が必要である。

ニーサの非課税適用の手続き

非課税口座で保有する上場株式等を金融機関等を通じて売却した場合の譲渡益については、もともとNISA専用口座であるため、非課税の適用を受けるための特別な手続きは必要ない。

また、NISA専用口座の場合、譲渡益・配当ともに非課税が適用されるため、確定申告をする必要もない。

ニーサ口座の制度概要

nisakozo

トップ

ニーサ(NISA)関連ニュース

金融庁の方針、ニーサ複数口座・投資促進も視野 2013/07/29 金融庁はニーサ口座の普及を促進させるために、まだ始まっていないニーサ「少額投資非 [ ... ]