5年間が経ったら、ニーサ口座の株式などはどうなってしまうのですか?

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 3.00
5年間が経ったら、ニーサ口座の株式などはどうなってしまうのですか? - 3.0 out of 5 based on 1 review
質問

非課税適用期間の5年が過ぎたら、ニーサ口座に預けてある上場株式や株式投資信託などはどうなってしまうのですか?

 

回答

証券会社や銀行で、ニーサ口座を開設時に、必ず一般口座もしくは特定口座を開設することになります。

5年間の非課税適用期間が過ぎた上場株式や株式投資信託は、この時に開設した一般口座もしくは特定口座に自動的に移ることになります。

次年度の100万円の非課税枠を使えば、6年目以降もニーサ口座に戻すことが可能です。ニーサ口座に戻せば、また5年間分は非課税が適用されます。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

トップ ニーサ(NISA)よくある質問 5年間が経ったら、ニーサ口座の株式などはどうなってしまうのですか?

ニーサ(NISA)関連ニュース

金融庁の方針、ニーサ複数口座・投資促進も視野 2013/07/29 金融庁はニーサ口座の普及を促進させるために、まだ始まっていないニーサ「少額投資非 [ ... ]