ニーサのデメリット

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 Rating 3.50
ニーサのデメリット - 3.5 out of 5 based on 2 reviews

ニーサのデメリット

ニーサを利用する上でデメリットはあるのでしょうか?ここではニーサのデメリットについて解説します。

損益通算ができないのが大きなデメリット

ニーサ口座は利益が出た場合には、非課税になるという大きなメリットがあります。しかし、ニーサ口座で損失が出た場合には、損失はなかったものとみなされ、ほかの一般口座や特定口座で利益が出ていた場合にも、損益通算ができないのです。


例えば、

一般口座①で400万円を運用して、80万円の利益が出た
一般口座②で100万円を運用して、30万円の損失が出た
と仮定した場合に

一般口座のままであれば
損益通算で利益は50万円。
20%の10万円の税金が必要になります。

しかし、②をニーサ口座にした場合に

損失が出たとしても、損益通算ができないので
利益は80万円。
20%の16万円の税金が必要になります。

なんと、税金が上がってしまっているのです。

もちろん、ニーサ口座で利益が出続けていれば大きなメリットなのですが、損失が出た場合のデメリットも考慮しておく必要があります。

この記事が役に立ったと思う方は「いいね」をしていただけると嬉しいです

トップ ニーサ(NISA)とは? ニーサのデメリット

ニーサ(NISA)関連ニュース

金融庁の方針、ニーサ複数口座・投資促進も視野 2013/07/29 金融庁はニーサ口座の普及を促進させるために、まだ始まっていないニーサ「少額投資非 [ ... ]